先輩からのうれしいお便り

当院で不妊治療を受けられて妊娠された方々からのお便り。
治療中の方への励ましの言葉がいっぱい!

先輩ママからうれしいお便りが届いています!

「ありがとうメール」をご紹介します

届いた日:2014年11月
ママ:M・Mさん

先生、スタッフの皆様、お元気ですか?
私のことを覚えていますでしょうか??
私は、約3年前、通院していたM・Mです。
一昨年、平成24年8月、元気な双子の男の子と女の子を出産しました。
結婚して3年目にして、やっと我が子を抱くことができました。

私は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で排卵が難しいということで、飲み薬や注射・タイミング法で、先生の適切な治療のもと、通院して約4カ月で子どもを授かることができました。
しかし、それまでの結婚してからの2年間は、本当につらかったのを覚えています。
何度も悔しい思いをし、主人にあたったり、自暴自棄になったりしました。
一生子どもを生むことは叶わないだろうと思った時もありました。

でも、こうして親になれ、先生に親にしてもらい、とても感謝しています。
3年前の私では想像もつかなかった生活になりました。
この病院に出会わなかったら、私たちは今も夫婦だけの生活をしていたかもしれません。
子どもが生まれたことで笑いが起こり、喜び、楽しみ、感動を何倍も得ることができました。
あきらめずに先生方を信じてよかったと思っています。
先生方、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

今、治療をされている方は皆さん、頑張っておられると思います。
自分の体と相談して治療を進めていってください。
先生方は適切なアドバイスをくださいます。安心してください。

いつかその腕で抱く我が子は本当に、本当に愛おしいです。
今、治療されている皆さんにも「こうのとり」が訪れるように、心から願っております。
どうぞ、あきらめないでください。
小さな命が生まれてくる感動が待っているのだと信じて、前進してください。

先生は毎日お忙しい日々が続いているかと思いますが、どうかお体に大切にこれからも頑張ってください。

タイトル:ありがとうございました
届いた日:2011年3月
ママ:神奈川県在住のT・Mさん

先生、お久しぶりです。
私は10年前、福田ウイメンズクリニックでお世話になりました。
雑誌で先生のお顔を拝見し、懐かしく思い、ご連絡させていただきました。
その節はありがとうございました。無事出産し、大切に育てております。

あの頃の私は、子どもが欲しいと思ってもなかなかできず、毎日子どものことを思っていました。
普通の産婦人科で通水(注:卵管通水法)したものの授からず、インターネットの掲示板で教えてもらったのが福田ウイメンズクリニックでした。
病院内は患者であふれ、こんなにも多くの人が同じ思いでいるのかと驚いたものです。

人工授精7回目で授かることができました。6回目がダメだった時、先生が「あと1回やってダメなら次のステップにいこう」と言われました。
私も次のステップのために、精神面と体を立て直そうと思っていた矢先でした。
実は、7回目もダメだろうと思っていたので、妊娠することに無意識でいて、春スキーに行ってしまいました。
妊娠したと知った時はとても驚きました。
逆に思いつめるより、無意識でいたことがよかったのかな…とも思いました。
福田ウイメンズクリニックに通いはじめて、1年経たない頃でした。

妊娠後の出血で、先生に子宮頸管ポリープを見つけていただいたこともとても感謝しています。

2001年11月に無事、男の子を出産しました。
今はもう、小学校3年生。思いやりのあるみんなに自慢できるやさしい子に育ちました。毎日、元気よく学校に通っています。

あの頃、先生に手伝っていただいたことを本当に感謝しています。
今でも休みなく働いていらっしゃることと思います。
どうぞ、お体を大切になさってください。
ひとりでも多くご希望がかなうことをお祈りしています。

タイトル:福田先生、ありがとうございました
届いた日:2010年4月
ママ:Y・Iさん

以前、通院していましたY・Iと申します。
1回目の体外受精で妊娠することができ
2009年11月、無事に元気な男の子を出産いたしました。

妊娠できるまでは、精神的にもつらい思いをしました。
治療法をステップアップすることにも悩みましたが
今できることはすべてやってみようと思い、体外受精を決意しました。

先生のお陰で、やっと、我が子に出会うことができました。
本当に、本当にありがとうございました。
きちんとお礼ができず、申し訳ありませんでした。

先生は朝早くから夜遅くまで、休む暇もないくらいいつもお忙しいので
どうかお体を大切にしてください。

タイトル:お礼
届いた日:2009年9月
ママ:神奈川県在住のY・Sさん

福田先生、スタッフの皆様
お陰さまで6月に無事、女児を出産いたしました。
お世話になりまして、ありがとうございました。
今、家族3人楽しい生活を送っています。

6回の体外受精のうち2回の流産を経験し、3回目にようやく成功しました。
その間、心身ともにつらい時期もありましたが、先生をはじめ、スタッフの方々の温かいケアで気持ちが軽くなりました。

産後1カ月検診の際も診察いただきましたが、きちんとお礼を申し上げられず、メールにて失礼をさせていただきます。

大変お忙しいかと思いますが、お体を大切になさって、ぜひひとりでも多くの方に幸せを導いてください。

タイトル:ありがとうございました。
届いた日:2009年2月
ママ:Y・Sさん
院長メモ:40代の方です。体外受精(自然周期・凍結受精卵移植・アシステッドハッチング施行)により妊娠されました(一部省略させていただきました)。

福田先生、スタッフの皆様、昨年は大変お世話になりました。
昨年(2008年)11月に予定日より6日遅く、誘発分娩により無事2882gの元気な女の子を出産いたしました。
一昨年12月、1回目の体外受精では卵巣過剰刺激症候群になり、体力的にこれはそう何度もできないな…と感じ、2回目で終わりにするつもりでしたが、自然周期での凍結受精卵移植(アシステッドハッチングも施行)で、幸運にも妊娠に結びつきました。
先生が私の体質を考慮しながら、より安全な結果を出せるような方法を選択してくださったことや、先生の経験豊富で確かな技術は、40代で早く結果を出したかった私にとっては本当にありがたいことでした。
また、スタッフの皆様が大変気持ちのよい対応をしてくださり、注射や採血も痛かったことがなく、さまざまな面での質の高さに感銘いたしました。
残念ながら転院することになり、お礼の言葉も十分にお伝えできませんでしたが、ここに改めて感謝申し上げます。
出産後、体調を崩したり、里帰りをしなかったので忙しく、初乳以降は完全に人工乳ですが、赤ちゃんはスクスク育っています。主人はもちろん、ときにはおじいちゃん、おばあちゃんも皆でミルクをあげられるので、今は家族で育児を楽しんでおります。
これもすべて先生のおかげです。本当にありがとうございました。
そちらに通院している時は、福田先生は休みなく仕事をされているご様子でした。とても感心させられるとともに、先生のお体が心配でもありました。どうぞ、これからも体調にはお気をつけて頑張ってください。

タイトル:福田先生ありがとうございました。
届いた日:2008年9月
ママ:Y・Oさん

福田先生、スタッフの皆様におよそ5年間お世話になりましたY・Oと申します。

今年7月、2670gの女の子を出産しました。出産するまでには、おなかが張りやすく、切迫早産(31週)で入院したり、臨月には妊娠高血圧症候群でむくみ、高血圧、タンパク尿が一気に出たりと、不安が重なりましたが、無事に出産できました。

福田先生、スタッフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

この治療の間(9回の人工授精と5回の体外受精)には、いろいろな心の変化がありました。治療で不安だったり、落ち込んだりすることも多々ありましたが、そのたびに、先生の治療方針と、先生やスタッフの方々の言葉で頑張れました。
身体的なことは、子どもを授かりたい一心でしたので、つらいことは乗り越えられましたが、精神的なことは、やはり皆様のお陰で乗り越えられたと思っております。

2年前に初期流産を経験した時のことですが、流産にいたるまでには安静にするしかないという状況で、不安な気持ちを看護師さんに伝えると、「不安な気持ちはよくわかるけれど、それしかないんです」という言葉が返ってきました…。何気なくかけてくださった言葉でしたが、“気持ちがわかる”と言ってくださったことが、本当にうれしかったです。
そして、先生は「結果がすべて。治療に反応があったのだから気持ちを切り替えるしかありません。次ももう一度、同じ方法でさせてください!」と言葉をかけてくださいました。
そして、先生の“させてください!”という言葉を聞いた時に、先生の治療方針を信じてすべてお任せしてついていこうと思いました。

そして、今回の妊娠反応の際には2年前の初期流産のことがあり、先生に「怖くて不安」と話したところ、「それは宿命的なもの!考えていたら、気持ちが40週もたないよ」と言葉をかけてくださいました。すごく気が楽になり、転院してからも、不安になるとこの言葉を繰り返し、自分に言い聞かせてきました。お陰で、何事においても今後何が起きても“宿命的なもの!”と、治療にかかわらず、すべてのことにおいて前向きに思えるようになりました。

転院の際には、先生にご挨拶ができず、大変失礼いたしました。

この場を借りて、出産の報告とともに、皆様に感謝の言葉を伝えさせていただきます。

今の幸せがあるのは、先生方のお陰です。不妊の治療を満足に行えない方も多いなかで、私は先生と出会えて、先生のもとで治療ができて、本当に幸せに思いました。

忙しいにもかかわらず、先生はじめスタッフの方々の丁寧な対応と、心のあるお言葉に感謝いたします。本当にありがとうございました。

先生、相変わらずお忙しいことでしょう。どうぞ、お体大切にしてください。

*いたらない文章ではありますが、HPでの掲載で少しでも治療に悩む方々のお力になれれば幸いです。

タイトル:福田先生 スタッフの皆様
届いた日:2008年9月
ママ:T・Kさん

このたび無事に3030gの元気な男の子を出産することができました。

検査で私に不妊の要因があるとわかってから、申し訳ないという想いと、仕事をしながらの治療・通院で焦りを感じる日々もありました。
初めてのAIHで初めての陽性反応が出たものの、すぐに流産となり、クリニックからどうやって帰宅したのか覚えていないこともありました。でも、流産後、治療再開をした時、先生が「大丈夫だから、僕にまかせて」とおっしゃってくれた言葉にすごく救われました。先生を信じ、本当によかったと思います。
先が見えない日々、とても精神的につらい不妊治療でしたが、夫婦で、それでも我が子が欲しいと同じ目標で頑張ってこれたから、これから先も、どんなことでも乗り越えられると思えます。
私たちにかけがえのない存在を授けてくださり、先生やスタッフの皆様には心より感謝しています。本当にありがとうございました。

子どもが欲しい方々に、これからもたくさんの幸せを授けてください。
ご活躍をお祈り申し上げます。
先生、どうかお体、ご自愛くださいませ。

ありがとうございました。

タイトル:お礼
届いた日:2008年3月12日
ママ:神奈川県在住のC・Sさん

福田先生、クリニックの皆様 
こんにちは
私は2006年夏から1年ほど通わせていただきました。
実は、初めは他のクリニックに相談に行きました。すると、こちらの気持ちとは逆に「あと数年は不妊治療をしなくていいんじゃないの?」の言葉。
私は30歳をとうに過ぎていたので焦っていました。欲しいのはそんな言葉ではないのです。

そして福田先生のクリニックにたどりつきました。
すぐに治療を始めてくださり、適切に指示をいただきました。
いったんは妊娠したものの、すぐに流産。日曜に出血、他の医療機関で診察を受けると流産でした。そのとき、後始末の手術をその病院に勧められました。
翌月曜日に福田先生に相談すると、自然に任せましょうと、そのまま何もしないでいる方法でもよいと言われました。
心理的なショックが大きいなかで、先生のお考えがありがたく感じられました。

そして秋が来て冬。不安な気持ち、もうダメかという頃、妊娠が判明。
夢のような気持ちでした。
昨年の秋10月に3250gの元気な赤ちゃんを出産することができました。
今は楽しい育児に追われ、幸せをかみしめる毎日です。

(妊娠がわかり)転院の際、きちんと先生にお礼が言えず、心残りでした。
先生、本当にありがとうございました。
全国で苦しんでいる不妊女性が大勢いるなか、福田先生のクリニックに通うことができて本当に幸運でした。
ひとりでも多くの女性が福田先生と出会えますように。
先生も激務と思います。ご自分の体も大切になさってください。
クリニックの皆様、ありがとうございました。

タイトル:福田先生、クリニックの皆様へ
届いた日:2008年2月5日
ママ:2007年11月に出産された方です

皆様、お元気でいらっしゃいますか?
私は、そちらにかれこれ3~4年通院し、
昨年11月、2935gの男の子を無事出産いたしました。

この子に授乳できる幸せ、この子が私に向かって笑ってくれる、気に入らないことがあるからか、足をぱたぱたさせて泣きながらむせたり、お風呂に入ると鼻の下をのばして気持ちよさそうにしてみせたり、日に日に重くなっていくこの子を抱きながら、毎日幸せを感じながら過ごしています。

治療期間中は「いつか私もわが子が抱ける日がきっと来る!」そう信じながら、先生のもとに通っていました。なかなか成功しなかったとき、周りの友人から、「転院したほうがいいんじゃない?」「いい漢方薬のお店、教えてあげるよ~」といわれたこともありましたが、そちらに行くことで、安心していた部分もありました。
待合室にいる夫婦、ひとり子どもを連れた女性、まだまだ若そうな女性、ほとんどの皆さんが同じ目標をもって先生のもとに来ているのだ、私も気長に頑張ろう、私だけじゃないのだ、と思いながらいつも通院していました。

治療は確かに体、資金、気持ち、つらいこともありましたが、今の幸せにかえられるものではありません。
皆さん、本当にありがとうございました。
この幸せを通院している皆さんに届けてあげられるよう、福田先生、クリニックの皆様、お体に気をつけて、これからも頑張ってください。

タイトル:福田先生、本当にありがとうございました。
届いた日:2006年8月26日
ママ:2006年7月に出産された方です

昨年秋、胚移植して妊娠し、今年の7月に2952gの元気な赤ちゃんを出産しました。本当にありがとうございました。

福田ウイメンズクリニックには治療を休みながら足掛け5年通院し、仕事と両立しながらマイペースで取り組んできました。卵巣が過剰反応し、排卵前に2回も排卵してしまって体外受精できず、排卵痛の激痛に苦しんだこともありましたが、先生のところで治療を続けて本当によかったと思っています。逆子による帝王切開でしたが、排卵痛に比べると全然痛みを感じませんでした。

仕事と治療の両立で悩まれている方も多いと思いますが、福田ウイメンズクリニックはその点、すごく通院しやすかったです。その分、福田先生は十分な休みもとれず、大変なこととお察しします。これからもお体にお気をつけて、一人でも多くの患者さんの力になってください。
本当にありがとうございました。

タイトル:福田先生へ
届いた日:2006年8月4日
ママ:神奈川県在住のH・Nさん

今年1月よりそちらに通院して、1回目の人工授精で妊娠しました。
現在妊娠7カ月に入りました。
11月19日が出産予定日です。
先生のところでお世話になる前は、漢方を試したり、整体に通ったり
鍼灸を試したり、体操教室に通ったりと、いろいろ試しましたが、どれ
でも妊娠しませんでした。
お金も時間もかかって本当に追いつめられていました。
ところが、先生のところに通って2カ月目で妊娠することができました。
先生、本当にありがとうございました。

タイトル:本当にありがとうございました!
届いた日:2005年11月22日
ママ:神奈川県在住のM・Nさん

福田先生、お元気でいらっしゃいますか? 私は昨年7月に1回目の体外受精で妊娠することができ、今年の4月に無事元気な女の子を出産致しました。

毎日朝から大勢の患者さんの治療をなさっている先生を拝見していて、先生のお体のほうが気になるくらいでしたが、その忙しさのなかでもいつも冷静で的確な判断をしてくださったお陰で、治療に専念することができました。
37歳という年齢でやっと妊娠できましたが、これも自分にとっては運命のようなものだったのかもしれません。福田先生という、腕も、人間的にも一流の先生にお会いできて(心からそう思っています!)いとしい我が子を授かり、そして今、育児に楽しく奮闘できることは、不妊で苦しむ時期があったからこその結果であり、貴重な経験だったと思っています。

先程も申し上げましたが、先生、どうかご無理だけはなさいませんよう、お体を大切になさってくださいね。
転院する際に、十分なお礼を申し上げることができなかったことがずっと心残りでした。この場をお借りして、福田先生に心からの感謝の気持ちをお伝えしたかったのです。本当にありがとうございました! これからもずっと先生のことを応援しています!

タイトル:ありがとうございました
届いた日:2005年5月4日
ママ:神奈川県在住のI・Rさん

昨年の今頃そちらに通院していました。
3月に無事2998gの男の子を出産しました。
「そちらに通院しはじめた頃は駄目でもしょうがない、やるだけやろう、という気持ちでした。それが、先生や看護師さんのお陰でかわいい子どもに出会うことができ、本当にうれしいです。福田先生に出会えなかったら、一生この子に会うこともなかっただろうと思うと感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」
もしよければ先輩ママからのメッセージにUPしてください。
お世話になりました。

当院からのお願い

紹介OKの場合は明記いただけるとうれしいです
当院には妊娠・出産された先輩ママからのお葉書やメールが多数届きますが、個人情報の守秘を目的に、このページに掲載することは控えてきました。もし、お手紙を紹介してよい場合は、「紹介OK」と明記していただけると幸いです。なお、お名前はイニシャルに、プライバシーに触れる部分は割愛させていただきます。また、用字用語の統一上、表記を変更する場合がありますのでご了承ください。

ページの上部へ戻る

トップページへ戻る