治療実績

当院治療実績

ここに紹介する当院治療実績は日本産科婦人科学会への報告に基づいています。 平成9年度~25年度、17年間の治療実績です。

■妊娠成功率(%) ●体外受精—胚移植(新鮮胚《卵》)
●顕微授精(新鮮胚《卵》)
●凍結融解胚(受精卵)
30%
29%
40%
注)妊娠成功率について
★40歳以上の患者さんを含むトータルの成績です。
★胚移植あたりの妊娠(胎嚢が確認できたもの)の割合です。
■治療周期総数 ●体外受精—胚移植(新鮮胚《卵》)
●顕微授精(新鮮胚《卵》)
●凍結融解胚(受精卵)
6094周期
3320周期
4451周期

治療実績を正しく理解するために…

日本産科婦人科学会への報告とは…

日本では、体外受精-胚移植および顕微授精は、「生殖補助医療(ART)」として、一般不妊治療とははっきりと区別されており、体外受精を行う医療機関は日本産科婦人科学会に登録し、会告に従い、合わせて治療実績を毎年報告する義務があります。したがって、ここに当院治療実績として紹介する妊娠成功率は、日本産科婦人科学会への報告に依拠しています。

最新の治療成績とは…

登録医療施設よりの報告は集計後に日本産科婦人科学会HPおよび日本産科婦人科学会誌に発表されます。ただし、発表される全国集計は、分娩結果を含むことなどから2年前の治療成績が反映されます。たとえば、平成25年9月に発表された報告は平成23年分の治療成績となります。

ページの上部へ戻る

トップページへ戻る