高度不妊治療(体外受精・顕微授精)

アシステッド・ハッチング

■受精卵が着床しやすいようにする方法です
●子宮内膜に受精卵が着床する際には、卵を覆う透明帯の一部が溶けて、胚が一部、外に出てきます。これを孵化(ハッチング=hatching)といいます。

●アシステッド・ハッチングは「人工孵化」のことで、子宮内に移植した受精卵が着床しやすいように、受精卵の透明帯を薄くする方法です。

当院では従来の「酸」に替わる、より安全で機械的な方法として、レーザーによるアシステッドハッチングを行っています。

レーザーによるアシステッドハッチング
レーザーによるアシステッドハッチング

ページの上部へ戻る

トップページへ戻る