治療費

生殖補助医療の治療費

Assisted Reproductive Technology
(生殖補助医療:ART)

価格表

  • 人工授精は一般不妊治療ですが、保険適応外です。
  • 生殖補助医療の費用は保険適応外です。
  • 下記料金は税抜です。2019年10月1日より別途、消費税(10%)がかかります。
●パーコール人工授精
(親水性シラン‐コロイド状シリカ粒子のピュアセプション使用)
¥16,000
●体外受精 (初回)¥300,000
(2回目以降)¥250,000
●顕微授精 (初回)¥350,000
(2回目以降)¥300,000
●胚盤胞培養 ¥20,000
●二段階移植 ¥40,000
●アシステッドハッチング(レーザーによる) ¥30,000
●受精卵凍結保存
(上記価格には原則として1年間の保存/無料が含まれますが、2019年1月診療より、1年以降の保存更新手続き方法を改定いたします。詳細は「凍結胚および凍結精子の保存更新手続き方法の改定のお知らせ」を参照ください)。
¥80,000
●受精卵融解移植 ¥40,000
●精子凍結保存

(上記価格には原則として1年間の保存/無料が含まれますが、2019年1月診療より、1年以降の保存更新手続き方法を改定いたします。詳細は「凍結胚および凍結精子の保存更新手続き方法の改定のお知らせ」を参照ください)。

¥20,000
●ERA検査(子宮内膜着床能検査) ¥150,000
●EMMA(子宮内マイクロバイオーム検査),ALICE(感染性慢性子宮内膜炎検査) ¥70,000

凍結胚および凍結精子の保存更新手続き方法改定のお知らせ

《改定前》凍結日が2018年12月末日までの場合

  • 凍結日より1年間は、保存料金は無料です。
  • 1年以降の保存継続更新後は、使用ごとに保存料金(受精卵:月額2,000円/精子:月額1,000円)をお支払いいただきます。
  • 保存継続更新のお手続きは一度のみです。なお、保存終了のご連絡がない限り、保存期間は自動的に延長されます。

《改定後》2019年1月より診療の場合

  • 保存期間は原則として凍結日より1年間となります。保存料金は無料です。
  • 1年以降の保存延長を希望される場合には、『保存期間延長申請書』の提出と保存料のお支払い(前払い制)が必要となります。保存料金は受精卵:24,000円/年、精子:12,000円/年です。
  • 凍結保存を終了する場合には、『廃棄同意書』の提出が必要となります。

注1)2018年12月末までに凍結された受精卵および精子につきましては、改定前の保存更新方法(使用ごとの保存料金お支払い)とさせていただきます。
注2)保存料金に関しては、凍結保存期限満了日の1年以内に融解・使用・廃棄した場合にも返金いたしませんので、ご了承ください。

〒244-0801
 神奈川県横浜市戸塚区品濃町549-2 三宅ビル7階
TEL 045-825-5525 FAX 045-825-5273

受付時間
9:30-12:30 ×
15:00-18:00 × × ×

※卵巣刺激のための注射は日曜日・祝日も行います。
※予約制ではありません。直接受付してください。